大阪・神戸・京都の遺品整理、不用品回収の見積もり業者

遺品整理・不用品回収の2016年、最新情報

不法業者・悪徳業者にご注意ください!
2016年現在、最新の遺品整理・不用品回収(処分)業者一覧をご覧いただけます。
(現在は、神戸・大阪・京都近郊で、作業対応可能な、業者のみ掲載です)

神戸や、大阪、京都で遺品整理や、不用品回収(処分)を行うためには、しっかりルールが守れて、安心できる業者さんに頼む必要があります。

不法投棄や、適正な処分を行わない業者などに作業依頼しますと、依頼者も処罰対象になる場合がありますし、まして遺品整理の場合ですと、処分品といえど、大切な思いが詰まったものを散乱されたのでは、困ります。

大阪・京都・神戸の遺品整理、不用品回収

神戸・大阪・京都に限りませんが、それぞれ処分方法が自治体によって異なりますので、適正な処分を安心して依頼できる業者を探す必要があります。

またお客様も、何が適正で何が安心なのか、事前に情報を取りいれておくことで、見えてくるものがあると思います。当サイトが参考になれば幸いです。

【兵庫県の遺品整理・不用品回収、登録業者一覧】
【大阪府の遺品整理・不用品回収、登録業者一覧】
【京都府の遺品整理・不用品回収、登録業者一覧】

 

 

大阪・神戸・京都の遺品整理の見積もり

これは、神戸や大阪・京都に限った話ではないですが、不用品処分や、遺品整理をしようと思った場合に、お客様が不用品(ゴミ)と認識していても、もしかすると売れるものかもしれませんし、無料で引き取ってくれるものが、混ざっている場合があります。

まず一般的なリサイクルなどの買取業者を探すのも一つの方法ですが、何が売れて、何が売れないのかの、基準がわかりませんし、買い取り業者も、新しい家具が得意な業者・アンティークが得意な業者・ミシンが欲しい業者に、洗濯機が欲しい業者・ボロボロでも海外輸出が得意な業者(リユース)など、買取業者自体にも、得意不得意があるのも事実です。 大阪・京都・神戸の不用品回収の見積もり

例えば、冷蔵庫とタンスを処分するだけとしても、メーカーや年数・型式などで、それぞれの業者によって強い弱いがありますので、両方を最良の方法で引き取ってくれるリサイクル業者さんを探すだけで、苦労されると思います。

安心できる良心的な遺品整理業者さんは、そういったリサイクル業者やリユース(輸出)業者に精通していて、なんといっても、最新の流通相場や、1点1点の物別における最良の下請け業者を把握をしていることが、一番の魅力です。かなりの手間と費用が、省けると思います。

なので費用の面でも、遺品整理業者さんに、まとめて頼んだほうが、断然お得な場合が多いです。

※単品の依頼の場合は、もしかしたら直接、その単品に強いリサイクル業者さんを見つけたほうが、早くてお得な場合はあると思います。

 

遺品整理の気を付けるポイント
大阪・神戸や京都に限らず、遺品整理業自体に必要な許可はありません。(2015年現在)誰でも業界に参入できます。

注意が必要なのは、いろいろ仕分けしたあとの、最終的にどうしようもなくった、いわゆるゴミの処分の方法です。

一般家庭から出た、ゴミの処分には 一般廃棄物の許可が必要です。会社から出たごみの処分には、産業廃棄物の許可が必要です。これは遺品整理業者や不用品回収業者が持っている必要はありません。

大阪・京都・神戸の不用品回収の気を付けるポイント

特に一般廃棄物の許可の取得には、様々なルールがあり、持っていない業者さんのほうが圧倒的に多く、遺品整理業者さんが、一般廃棄物の収集運搬許可を持っていないこと自体は、まったく問題ないことです。

問題があるのは、遺品整理や不用品処分業者が、仕分けを行い、どうしようも亡くなった最後のゴミの処分を、最終的にどこへ委託し、処分するのかです。これを不法投棄されたり、不適切な処理をされると、たまったものではありません。注意が必要です。

 

 

大阪・神戸・京都の業者
これは一概に言えません。さきほども申しましたが、役所に相談すれば、あくまでもゴミ処分ということで、一般廃棄物の処理業者を紹介してもらえます。(一般家庭の話の場合)
※神戸市・大阪市・京都市以外の場合は各自治体によって異なる場合があります。

ただし、役所で買取や、リサイクル・リユース(輸出)業者さんなどの紹介はありませんので、あくまですべてゴミ処理として(お客様がゴミと認定してしまったので)、一般廃棄物の処理業者さん(ゴミ処理専用業者)を紹介されます。

誰がどうみてもゴミの場合でも、遺品整理業者さんなどですと、びっくりするほど仕分けを行ってくれる業者さんもあるようですから、すべてをゴミとして処分するよりも、圧倒的に安い場合は往々にしてあります。

半分ぐらい使い込んだノートや、え?っていう陶器や置物まで、仕分け対象になる場合がありますので、遺品整理業者さんに、もちろん費用は発生しますが、トータルコストは、すべてゴミとして、役所や自治に依頼するより、かなり抑えられる可能性はあります。

 

一般廃棄物の許可

その他、遺品整理の場合は、ゴミの処分に限らず、様々な関連業者が必要な場合が多いです。

不動産・リフォーム・ハウスクリーニングに、消臭専門業者や、お焚き上げ寺院などとの連携が必要になります。ゴミ処分というのは、あくまで多義にわたる作業の1つであり、こういった作業をまとめて依頼できることにも、遺品整理業者さんは魅力があります。

たとえば、家を建てる場合、水道工事・大工さん・電気屋さん・設備屋さんなど、様々な業者さん個別に声をかけることは可能ですが、工務店さんの場合、下請け価格で各業者さんを抱えている場合がほとんどです。

個人で個別に業者に連絡を取るよりも効率的ですし、もちろん工務店さんに利益は発生しますが、工務店さん1手に任せてしまったほうが、トータルコストは抑えられることでしょう。

このサイトでは、神戸・大阪、京都の遺品整理・不用品回収の業者さんの登録がご覧いただけますが、他府県におかれましても、理屈は同じです。

 

遺品整理業とは

足の踏み場もないような現場もあるかと思いますが、基本は現状の状態で見てもらったほうが良いと思います。

といいますのも、さきほど申し上げた通り、遺品整理の業者さんは徹底した仕分けを行う傾向にあります(現場でする場合と、いったん持ち帰っての場合がある)

ゴミの分け方に関しては、各自治体のルールがありますし、また本当にゴミかどうかも、業者さんの判断があります。いったんは現状をありのまま、見てもらって、その後、こうすれば費用を抑えることができるなどの、業者ごとの相談点がある場合は、相談すれば良いと思います。

もうまとまってしまっているものは、それで仕方がないと思いますが、まとめられると何が入っているのか、判断できない場合がありますので、ご注意ください。

また無いと思いますが、見積もりの際に、急な契約を迫る業者さんは注意したほうがいいですし、見積もり金額の高い安いだけでなく、処分方法なども含めまして、トータルで判断されることをお勧めします。

 

不用品回収業とは

 


神戸・大阪・京都近郊の業者様のみですが、不用品回収・遺品整理に携わっている業者さん一覧がご覧いただけます。掲載基準としましては、遺品整理士認定協会の会員企業様、もしくは、ウェブサイトにて、最終的なゴミの処分方法を、一般廃棄物処理業者に委託していることを記載している、業者様に限定しております。参考になれば幸いです。

なお当然ではございますが、当サイトは、各業者様のウェブサイト内容を保証するサイトではございませんので、悪しからずご了承ください。※大阪・神戸や京都以外の遺品整理業者様につきましても、随時エイリア拡大中です。

【兵庫県の遺品整理・不用品回収、登録業者一覧】
【大阪府の遺品整理・不用品回収、登録業者一覧】
【京都府の遺品整理・不用品回収、登録業者一覧】

 

遺品整理士認定協会とは?
あくまで民間レベルの団体ですが、昨今乱立しております業界に、一石を投じ、一定の指標を示そうと努力し、団体内において独自の資格試験などを導入している組織・団体です。協会に所属している業者=安心とは言えないかもしれませんが、コンプライアンスを重視しようと努力している団体であることは間違いありません。